沖縄観光客よ、Googleマップ多言語対応で快適旅を。

美しい海、美味しい料理、豊かな文化…沖縄には魅力が満載ですよね!

しかし、言葉の壁は旅の大きな障害となることがあります。

そんな時、頼りになるのがGoogleマップの多言語対応です。

このブログ記事では、Googleマップ多言語対応のメリットや設定方法、沖縄観光に役立つ情報などを詳しく解説します。

1. 沖縄観光客にGoogleマップ多言語対応が必須な理由

近年、沖縄へのインバウンド観光客が急増しています。

2023年には、前年比約135.4%増の57万7000人という数字を記録しました。

そして、2024年もこの勢いは続くと予想されています。

しかし、多くの観光客は日本語を話せません。

Googleマップを多言語対応することで、以下のようなメリットがあります。

  • より多くのお客さまに情報を届けられる: 英語、中国語、韓国語など、様々な言語に対応することで、世界中のお客さまに自店の情報を届けられるようになります。
  • 顧客満足度を向上できる: 多言語対応によって、お客さまは自国の言葉で情報を確認できるため、満足度が向上します。
  • 口コミを獲得しやすくなる: 多言語対応によって、外国人のお客さまからも口コミが寄せやすくなり、自店の評判向上につながります。
  • 検索エンジン対策(SEO)効果が期待できる: Googleマップは、多言語のキーワードにも対応しています。自店の情報を多言語で登録することで、多言語での検索結果にも上位表示されるようになり、より多くのお客さまに知ってもらうことができます。
  • 競合との差別化を図れる: まだ多くの店舗が日本語のみの対応となっているため、多言語対応にすることで競合との差別化を図ることができます。

2. Googleマップ多言語対応の設定方法

Googleマップの多言語対応は、Googleマイビジネスを利用して簡単に設定することができます。

Googleマイビジネスとは、自店の情報を登録・編集できるサービスです。

設定方法は以下の通りです。

  1. Googleマイビジネスにログインします。
  2. 「ビジネス情報」タブをクリックします。
  3. 「言語」セクションで、「言語を追加」をクリックします。
  4. 対応言語を選択します。
  5. 各言語で、ビジネス名、住所、電話番号、営業時間、説明文などを編集します。
  6. 「保存」をクリックします。

設定がむずかしい方は代理で設定を行えるサービスを提供しておりますので、下記「インバウンドBridge」をクリックしてください。

4. まとめ

Googleマップの多言語対応は、沖縄観光をより快適にするための必須ツールです。多言語対応によって、より多くのお客さまに情報を届け、顧客満足度を向上させることができます。また、検索エンジン対策(SEO)効果や競合との差別化など、様々なメリットも期待できます。

関連記事(以下の記事もオススメします)

2024年7月3日