沖縄旅行中のインバウンド層が困っていること:2024年6月最新情報

2024年6月現在、沖縄旅行中のインバウンド層が困っていることは以下の通りです。

情報収集のしにくさ

日本語の情報が少ない: 多くの観光情報が日本語のみで提供されており、英語や中国語などの多言語対応が十分ではないと感じている。

最新情報にアクセスしにくい: インターネット環境が整っていない場所も多く、最新情報を入手するのが難しいと感じている。

口コミや体験談が少ない: 日本語の口コミや体験談は多いが、英語や中国語などの多言語での情報は少ないと感じている。

交通手段の少なさ

バスの本数が少ない: 観光地へのアクセス手段が限られており、バスの本数が少ないと感じている。

乗り換えが複雑: 路線バスの乗り換えが複雑で、目的地までたどり着けないことがあると感じている。

タクシー料金が高い: タクシー料金が高いと感じている。

英語・中国語を話せるスタッフが少ない

日本語が話せないスタッフが多い: 多くの観光施設や飲食店で日本語しか話せないスタッフがおり、コミュニケーションに困っている。

英語や中国語のメニューが少ない: 英語や中国語のメニューが少ないと感じている。

多言語対応の観光案内所が少ない: 多言語対応の観光案内所が少ないと感じている

まずは、GOOGLE MAPをインバウンド用に最適化しよう

日本語表記のままだと、インバウンドをとりこぼすことも…
観光地の飲食店は英語表記対応にしてる店舗は多いですが。
観光地以外でも、インバウンドは多いです。
例えば沖縄県内だと、奥武山付近・壺川付近はインバウンド層がぞろぞろと出歩いているのを日々見ます。
「少し都心から離れてるから」ではなく、少し都心から離れてるからインバウンド対策をすると効果が如実に出ると思います。
この機会にぜひ、インバウンド対応を検討ください。
「インバンドを取りこぼさない」by.iNBOUND BRiDGE

関連記事(以下の記事もオススメします)

2024年7月3日